自分のルーツを知ると・・・ (第二の人生の輝かせ方)

8324584558_c9e5433b55_b

昨日、山田宗樹著の小説『百年法』の感想を書かせて頂きましたが
その著書の中に、こんな一文があります。

“終着が見えてきたからこそ始点を見ておきたいのだ”

この小説では、不老の世の中においてバランスを保つために
「術後100年が経ったら生存権をはじめとする基本的人権を
放棄しなければならない、つまり安楽死する」ことをうたった
「百年法」が定められています。

「死期を悟った時、人は自分のルーツを辿りたくなる」

あくまでも小説の背景は、不老のまま死を迎えるという
前提なので、このタイミングなのでしょうが、

現代に置き換えると

「もうひと頑張りしたい時に、自分の原点に立ち返ろう」

というところでしょうか?

これまで走り続けてきた人こそ、
“自分のルーツを見つめ直すこと”は、
時にリセットになり、
時にエネルギーチャージできるのではないかと、
この本を読んで改めて感じました。

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る